No.2867 えりさん 2017-04-16 15:56:31

動画をいくつか拝見しました。
ブログ運営をしています。
私に足らないのは、マインドでした。
そこからしっかり見直します

No.2867 えりさん 2017-04-16 15:56:31

No.2866 徳永慧さん 2017-04-15 17:23:06

漫画めちゃくちゃ面白かったです!ただ面白いだけでなく、気持ちが奮いたちました。漫画を読んでこういう感情を抱くのは初めてです。

ノウハウ的にも勉強になる部分が多く、もっと知りたいと思わされた内容でした。その辺にあるビジネス書よりも自分に突き刺さりました。

今後もメルマガで勉強させてもらいたいと思っています。よろしくお願いいたします。

No.2866 徳永慧さん 2017-04-15 17:23:06

No.2865 りょっけさん 2017-04-15 00:20:25

日本人は常識を疑わなすぎると切実に感じます。(新卒)入社→結婚→出産→昇進→マイホーム→…。これが唯一のルートだとほとんどの人が信じ込んでいます。会社には入らなくてもお金を得られる、結婚だってしたい人だけすればいい、私はそう思っていますが今の日本(あるいはこれからも)では「出る杭打たれる」で変人のレッテルが貼られます。やりたいことをやっている人を叩き、我慢を美徳にするこの国の雰囲気に、正直嫌気が差します。堀江貴文さんも著者『すべての教育は洗脳である』でおっしゃっていましたが、日本は根幹の精神部分に軍国主義が残っています。戦費調達のために配給制を敷き「我慢」を強要、少しでも贅沢をすれば非国民扱い。今の日本だって、扱いが緩くなっただけで本質は変わっていません。賛否両論あれど、日本がこれから国際社会でのプレゼンスを高めたいなら、本当の意味での「自由」を認めるべきです。まあ私自身は「日本人」という枠に囚われないようにしたいと思っていますが…(割愛)
コミックで描かれた小玉さんの人生は、完全に日本の潮流に逆らっています。だからこそお金の問題を解決し、家族の時間を大切にする幸せな生活を送れているんです。インターネットビジネスについても全く胡散臭さを感じません。むしろ全く合理的です。なぜなら、インターネットビジネスで成功した人が巷に溢れているからです。そして成功者の手法と小玉さんの手法は一致しています。成功例が数多く存在するなら、もう「やるかやらないか」です。

No.2865 りょっけさん 2017-04-15 00:20:25

No.2864 鎌形浩忠さん 2017-04-14 20:49:46

拝見しました。「誰かのために稼ぐ」いい言葉ですね。
また、そうでなければ、稼ぎ続けるのは、難しいと思います。だって、人間は弱い生き物だから。

会社組織に入ると、この漫画にあるような理不尽な事ばかりですね。私は中小起業、もっと小さい100人以下の会社、そして、現在は大企業と色々と経験しておりますが、全て、一緒ですね。大企業がいいと言われた時代は遠く、バブルの頃でしょうか。

私は、今、サラリーマンを続けながら、副業をしようと目論んでいます。小玉さんのようには行かないかも知れませんが、漫画にあるように、人生は何時でもやり直せると考え、毎日、闘っております。

以上です。

No.2864 鎌形浩忠さん 2017-04-14 20:49:46

No.2863 まっちゃさん 2017-04-14 16:11:49

サラリーマンになってから15年、いつかは独立したい、もっと大きな事をしたいと考えていた中で、本を読んで独立するイメージと行動プランが出来上がりました。これを機に本格的に行動に移していきたいと思います。ありがとうございました。

No.2863 まっちゃさん 2017-04-14 16:11:49

No.2862 TMさん 2017-04-14 09:13:36

小玉さんの本を読まさせていだだきまして、

「自分でもできる」
「自分でもうまくいく」

そう思えるようになりました。

「好きなことをして生きていく」

ことも可能ではないかと思えるようになりました。

「自分でもできる」「自分は素晴らしい」
自分のレベルを高く持ち、がんばっていきたいと思います。

ありがとうございました。

No.2862 TMさん 2017-04-14 09:13:36